20代の投稿

ID BBS

新規の投稿



20代の新着一覧

検索条件:20代

他の条件で絞り込む

小琪さんのアイコン画像 小琪

07月24日

私は本当に孤独だったので真剣に長期的な××××パートナーを探しました年齢も外見も気にしません。

[続きを読む]

リサさんのアイコン画像 リサ

07月24日

私の名前はリサ、22歳になりました!私は日曜日は一日中会うことができますが、もしあなたが日曜日でも会えたら、私のLINEを追加してください:rexb6

[続きを読む]

いちかさんのアイコン画像 いちか

07月24日

こっちはギャルふたりだけどしたいって人いたらタダだし話しかけてね

[続きを読む]

れなさんのアイコン画像 れな

07月24日

おはよう今日仕事が休みで暇だよ(笑)

[続きを読む]

missさんのアイコン画像 miss

07月23日

私の体は敏感です!濡れやすいです。舐められるのが好きなんです!私の×××××××××と乳首を舐めて欲しいです。キスや69フェラも好きです!

[続きを読む]

みらいさんのアイコン画像 みらい

07月23日

こっちはギャルふたりだけどしたいって人いたらタダだし話しかけてね

[続きを読む]

さくらさんのアイコン画像 さくら

07月23日

シングルマザーで大変なので都合いい人でもいいならからんでください

[続きを読む]

あみさんのアイコン画像 あみ

07月23日

付き合ってる人いるけど物足りないので躾けてくれるおじさまいたらはなしたいな

[続きを読む]
  • 20代にまつわるコラム!

    20代のうちにやっておきたいこと
    【複数の分野で専門知識を身につける】
    20代のうちに2.3の分野で知識、経験を習得しましょう。
    これからの時代は「連続スペシャリスト」が重宝される時代になると言われています。
    未来にどういう技能と知識が価値を持つか見極めることが大切です。
    たとえ自分のやりたいことを極めても、それが未来に必要とされるものでなければ意味がないからです。
     
    【高い価値を持つ専門技能の3条件】
    ・その技能が価値を生み出すことが広く理解されていること
    ・その技能の持ち主が少なく技能に対する需要が供給を上回っていること
    ・その技能がほかの人に模倣されにくく、機械によっても代用されにくいこと
     
    【英語を身につける】
    現在もですが、将来英語を習得しておくだけで、人生の選択肢や可能性が何十倍にも広がるのが現状です。
    英語を使えるようになるとコミュニケーションできる人の数が増えます。現在、世界で英語を使用する人の数は17.5億人と言われており、それに対し日本人の人口は1.2億人です。つまり、英語ができるようになるだけで、コミュニケーションを取れる人の数は14.5倍に増える事になります。これは、あなたが今やっている仕事の顧客が14.5倍に増えることとも捉える事もでき、ビジネスの可能性が広がることにも繋がっていきます。
     
    【海外へ行く】
    旅行や留学、仕事を通じて現地で生活をするで、海外で得られるものは大きいです。海外へ出て得られることで注目されるのは語学力ですが、語学力より大切な事を海外では得ることができます。
    海外には日本では見られない価値観やライフスタイルで生活をしている人が多くいて、彼らの文化に触れることで「自分の人生の意味」を深く問いただせて、人生のヒントにしてみるのもいいでしょう。
     
    【多くの失敗をする(大きな意思決定をする)】
    日本の社会環境は「意思決定できない人」を必然的に増やす構造になっているとも言われています。理由は、みんなと同じように高校まで義務教育を受けて、みんなと同じように大学に入り、みんなと同じように就職活動をして、みんなと同じように社会人になり、みんなと同じように結婚をして、みんなと同じように家を買い、みんなと同じように定年退職する。
    この様な事が日本では普通となっており、自分の人生で向かう先を見据えて、意思決定をしていけるといいでしょう。
    20代は意思決定の場数を踏み、責任のある仕事を請け負い、矢面に立って決断をできるといいでしょう。
    たとえその意思決定が間違っていたとしても、20代なら何度だってリカバリーできるので挑戦していきたい事です。
     
    【社外の人と定期的に会う機会を設ける】
    社会人になって初めて入った会社というのは、その人の仕事観を形成するのに極めて大きな影響を及ぼすものです。その会社の常識がすべてに思えてくるのが当たり前だと思ってしまいがちです。
    客観的に考えれば、会社の常識が世のすべてなんてことはあり得ません。
    それを意識的に感じるためにも、社外の人の価値観や仕事観、人生観に定期的に触れることで「こんな生き方や働き方があるんだ」と視野を広く持ち続けることができる。そういう生き方や働き方を知っていると、「じゃあ今の自分に足りないものはこういうことだから、今の仕事でまずこれを身につけよう」という発想をするこもできるようになるので定期的に合う習慣ができるといいですね。
     
    【稼ぐことよりも、稼げる人になる】
    「稼ぐことより、稼げる人になる方が何倍も大切」ということです。20代の収入の差は、長期的な人生を考えるとほとんど意味がないに等しいとも言われています。むしろ収入が少なくても、将来の自分の身になる仕事をしている人の方が、生涯収入で考えると多くなることも多いです。
    長期的な視点で自分を育てる意識を持つ事が大切です。「稼ぐことより稼げる人になる」これが20代のテーマといっても過言ではないでしょう。
     
    20代の後悔
    年上の人から「一度きりの人生なんだから、やりたいことをやっておけ」と言われても、具体的に何をしておくべきなのかわからない……という人も、多いのではないでしょうか。
    40~50代の男女100人に「20代のうちにやっておけばよかった」と後悔していることをまとめてみました。
     
    ①資格所得
    ②貯金
    ③語学勉強
    ④結婚
    ⑤親孝行
    ⑥恋愛
    ⑦海外旅行
    ⑧投資
    ⑨出産・子育て
    ⑩社外の人脈作り
    この様な結果になっており、上記でも記載した20代のうちにやっておきたいことでも紹介したことが多々ありますね。
    自分で自分なりに考え取り組み始められれば後悔も少しは減らせると思います。
     
    20代年収
    この年代になると一番気になることはやはり「年収」なのではないでしょうか?
    そこできになる同年代・年齢の人の平均年収はどれくらいなのかまとめてみました。
     
    20歳 279万円
    21歳 277万円
    22歳 280万円
    23歳 294万円
    24歳 322万円
    25歳 344万円
    26歳 363万円
    27歳 378万円
    28歳 390万円
    29歳 402万円
    20代の全体平均年収は346万円となっていました。
    今のあなたの年収に比べてどうだったでしょうか?
    稼ぐことより、稼げる人になる方になれれば平均年収は上回る事が出来るでしょう。
     
    20代貯金
    20代になると同世代の人たちが一体どれほど貯金をしているのか気になってきますよね。
    今回は、20代の平均貯金額を独身と結婚・子持ち世帯別にご紹介します。
    将来いざという時にお金が必要になった時のために今から計画的に貯金を進めていきましょう。
     
    【独身】
    300万円未満 52万円
    300~500万円 158万円
    500~750万円 528万円
    750~1,000万円 11,078万円
    1,000~1,200万円 1,000万円
    750万円以上の年収になると該当者数が少なくなってため、結果が個人の状況に大きく影響されています。
    こちらは参考程度に見ておけば良いでしょう。
     
    【子供のいる家庭】
    300万円未満 85万円
    300~500万円 283万円
    500~750万円 393万円
    750~1,000万円 350万円
    1,000~1,200万円 350万円
    二人以上の世帯の場合、年収750万円を超えると貯金額に大きな開きがないことが分かりました。
    20代のボリュームゾーンである年収300万円〜500万円での中央値は111万円。
    独身世帯よりも貯金意識が高いこと傾向があります。
     
    20代の悩み
    「自分の将来に不安を感じることはありますか?」という質問に対し、不安を感じることが「ある」と回答した人は75%という、大多数の20代が自分の未来を案じている結果になったというデータがあります。
    どのような悩みがあるかまとめてみました。
     
    【お金】
    職業を変え転職をする、起業する、副業を始めるなど、働き方を変えて収入を伸ばすこともしやすくなった現代です。
    稼ぐお金を「増やす」努力と、自分の資産を「守る」工夫をはやいうちから実践していくことが、不安解消のカギになりそうです。
     
    【仕事】
    ひと言で仕事の悩みといっても、分解してみると、お金、人間関係、今後のキャリアと内容は人それぞれでした。
    ただ、こうした不安に対処するために今できることは、目の前の仕事にできる限りの力を注ぎ、熱狂的に取り組むことが大切です。
     
    【結婚】
    “結婚しない人生”だって選択可能、お一人さまライフも楽しめる時代ですが、やっぱりどこかで憧れてしまう結婚生活。
    ただ、結婚するために恋人をつくるのも嫌だし、面倒なことも多い。というアンビバレンスな気持ちが感じ取れます。
     
    20代の成功例
    20代での起業は、現代では珍しくありません。20代でも、それぞれにオリジナルのビジネスモデルを持ち、起業によって新規参入を考える方は多いと考えられます。
    世界的に若い世代による起業が多い中、日本でも早い年代から起業に取り組む方は多く見られます。
     
    【村上 太一(むらかみ たいち)さん】
    2005年、早稲田大学政治経済学部1年次に大学のビジネスプランコンテストで優勝し、翌年には株式会社リブセンスを設立。25歳で東証マザーズに株式上場、26歳で東証一部に上場し、いずれも史上最年少の上場記録となる。アルバイト求人サイトのジョブセンスを運営。
     
    【内藤 裕紀(ないとう ゆうき)さん】
    2001年、23歳で有限会社ドリコムを設立、のちに株式会社ドリコムへ組織変更。2006年に東証マザーズ上場。インターネットサービスの提供などの事業を展開。就職や起業についての講演も行う。
     
    【山田 進太郎(やまだ しんたろう)さん】
    2001年、23歳でウノウ株式会社設立。ウェブサービスなどを手掛ける。2013年には株式会社メルカリ設立。フリマアプリの「メルカリ」を運営。
     
    20代で起業した日本人社長をみると、IT業界での起業が多い傾向があり、スマートフォンアプリの制作やweb制作、システム開発や販売に至るまで、多岐にわたる内容での起業が見られます。