30代の投稿

ID BBS

検索結果



30代の新着一覧

検索条件:30代

他の条件で絞り込む

ねずみさんのアイコン画像 ねずみ

12月4日

恋がしたいです ドキドキしたいです 幸せな気持ちになりたいです

[続きを読む]

あおいさんのアイコン画像 あおい

12月3日

既婚だけど熱い夜もすごしたいから相手してください

[続きを読む]

下関からさんのアイコン画像 下関から

12月3日

山口の下関から。誰か暇してたら絡みましょ。いちゃいちゃ好きとか×××られるの好きなMっ子さん大歓迎。遠いと会えないので近場だったら嬉しいなぁ。

[続きを読む]

あすかさんのアイコン画像 あすか

12月3日

32歳だけどGカップあるんです。そういうのでもいい人いないかな?

[続きを読む]
  • 30代にまつわるコラム!

    30代のうちにしておきたいこと
    【自分の人生の核を知る】
    自分の人生の核を知らずに生きていくのは、砂漠の真ん中で地図をなくしたも同然。30代になると、自分という人間が昔よりもはるかにリアルに見えてきます。そのありのままの自分を受容していくのです。
    すると、自分にとってベストな生き方が見え始めます。
    自分がわからず悩んでいるようなら、周りの意見や評判は一切シャットアウトして、しばらく意識的にひとりで過ごす時間をつくるといいかもしれませんよ。
     
    【自分と対話する旅をする】
    20代のうちは好奇心が赴くままに旅をする時間が必要でしょう。
    しかし30代の旅は外的刺激を求めるよりも、内的刺激を求める旅をするといいかもしれません。日常を離れて、自分と対話する旅をしてみるのです。
    自分の小ささや弱さ、同時に大きさと強さを知ることになり、大人として良い意味で感受性豊かになれます。
     
    【身体を動かす習慣を身につける】
    20代の頃は多少の不摂生をしても平気でいられましたが、30代になると肉体の回復力は徐々に衰え始めます。
    これまでスポーツと無縁だったとしても、簡単なスポーツをしてみるといいでしょう。
    ただ好きな街を歩くだけでもいいのです。身体を動かす習慣を30代のうちに身につけておけば、心の健康も保ちやすくなります。
     
    【“嫌”に費やす時間を少なくする】
    嫌いなこと、嫌いなものなどは誰にでもあるでしょう。
    そんな “嫌”に多大な時間を費やすことを美徳としてきたのなら、もうやめるべきなのかもしれません。
    30代を超えれば、人生も残り約半分となります。人生の折り返し地点を迎える前に、嫌だと思うことは減らしておいた方がいいでしょう。40代以降の生き方が変わってくるはずです。
     
    【わずかな時間でも好きを楽しむよう心がける】
    女性は人生が枝分かれしまくる30代ですが、どのような人生を歩んでいたとしても、好きなことをするのを忘れてはいけません。わずかでも自分の時間ができたら、好きなことをしましょう。
    傍から見たらささやかな幸せかもしれませんが、そういった幸せの積み重ねが、多幸感を呼ぶのだと、そのうちわかってくるはずです。
     
    【依存を断ち切る】
    アルコールやタバコなど依存しているものがあれば、そろそろ卒業時かもしれません。
    30代のうちに依存を断ち切っておけば、その後の人生はもっとほかのことに注力できるようになります。
    たしなむ程度であれば問題ないと思うのですが、依存していると思うようなら、思い切って断ち切る道を選択するといいでしょう。
     
    【年齢、性別、国籍に関係なく友だちをつくる】
    20代までは自分と近い環境や年齢の友だちと過ごすことが多かった人もいるでしょう。
    ですが、30代は自分の世界を少しずつ広げていくことが大切です。
    30代のうちに年齢、性別、国籍に関係なく友だちをつくっていくスキルを身につけておけば、何歳になっても、どこに住んでも、そのスキルが役立ちますし、世界の広がり方が半端ないです。必要に応じて語学を学ぶのもいいかもしれませんね。
     
    30代の後悔
    30代といえば、キャリアアップや結婚などで大きな変化が出てくる頃です。
    いままでの生活環境が180度変わる人も少なくありません。
    仕事に家庭共に、全力で駆け抜けた30代だからこそ「やっておけばよかった」という後悔も多くありました。まとめてみましたので是非参考にしてみてください。
     
    【焦って結婚】
    20代同様、30代でも「結婚」がトップに! しかし20代では「もっと遊んでおけばよかった」というニュアンスなのに対し、30代では「まわりがどんどん結婚していくから、焦って決めてしまった」という相違点が。
     
    【子育てでの心残り】
    その時は余裕がなく、必死になってしまう子育て。子供が手を離れたいまだからこそ、ああすればよかった、こうすればよかったと思い起こされるのでしょう。
     
    【退職・転職をして失敗】
    多くの先輩たちが退職・転職を経験し、結果的に後悔している人が多いです。
    30代の退職・転職は10年後、20年後のことを考えて熟慮に熟慮を重ねる必要がありそうです。
     
    【将来のことを考えずに浪費】
    20代のときと比べて収入も増える30代。少し余裕が出たことにより散財してしまい、結果的に貯金ゼロというケースもあるようです。
    若いときは後先考えず、楽しいことに惜しみなくお金を使ってしまいがちという人も多いです。
     
    【不摂生な生活】
    30代は、忙しさを優先しまい健康管理がきちんとできていなかったという人が多くいます。
    若い頃の不摂生はのちのち身体に響いて来ます。30代からの健康管理、大事にしましょう。
     
    30代年収
    この年代になる立場も上がり、一番気になることはやはり「年収」なのではないでしょうか?
    そこできになる同年代・年齢の人の平均年収はどれくらいなのかまとめてみました。
     
    30歳 407万円
    31歳 417万円
    32歳 428万円
    33歳 439万円
    34歳 453万円
    35歳 455万円
    36歳 460万円
    37歳 466万円
    38歳 478万円
    39歳 479万円
     
    30代の全体平均年収は452万円となっていました。
    今のあなたの年収に比べてどうだったでしょうか?
    稼ぐことより、稼げる人になる方になれれば平均年収は上回る事が出来るでしょう。
     
    30代貯金
    30代になると同世代の人たちが一体どれほど貯金をしているのか気になってきますよね。
    今回は、30代の平均貯金額をご紹介します。
    いざという時にお金が必要になった時のために計画的に貯金を進めていきましょう。
     
    300万円未満 473万円
    300~500万円 738万円
    500~750万円 1,919万円
    750~1,000万円 3,548万円
    1,000~1,200万円 3,433万円
     
    30代のボリュームゾーンである年収500万円〜750万円での中央値は800万円。
    年収が1,000万円までは、年収が高ければ高いほど貯金も増えています。
     
    30代の独身者で貯金がゼロの人の割合は39.7%
    独身の間は貯金に対するモチベーションが上がらないのか、実に4割近くの人が貯金がまったく無いと答える結果になりました。
     
    30代悩み
    【男性編】
    ・今の仕事をずっと続けれるのか不安
    「就職イコール終身雇用」という構図が確かに成立していましたが、「仕事」というもの自体の考え方も変化しました。
     
    ・育児と仕事の両立が出来ない
    共働きであれば、育児も夫婦でやることも珍しいことではありません。
    育児まで手が回らず妻に大変な思いをさせてしまっていると思っている男性も多い様です。
     
    ・髪の毛が薄くなってきた
    個人差はありますが、早い方であれば30代には抜け毛が始まってくる方も多い様です。
    治療はできますが、保険が効かないことから心配する男性は多い様です。
     
    【女性編】
    ・仕事における対人関係の悩み
    「上司に理解されない」「会社が評価してくれない」というお悩みを抱える女性が多いです。
    子育てと両立している女性の中にも、独身の頃と変わらない働きをしている女性もたくさんいます。
    それなのに、自分が思っているような評価が下されない場合は、大きなストレスを感じるものです。
     
    ・仕事内容における悩み
    「仕事が忙しすぎてプライベートを充実させられない」「プライベートのために仕事量を調整し、仕事における自分の価値の低下を感じてしまう」など、仕事とプライベートの両立に悩む女性の声が目立ちます。
     
    ・今後のキャリアアップ
    経験はないがやってみたい仕事がある」「今の仕事で昇進したいが自信がない」など、10年以上の社会人生活を経験したベテランとして、これからのキャリアプランを考える人が増えてきます。
    今の仕事でキャリアアップを目指す場合も、全く別の仕事に就く場合も、全ての女性が「自分が好きな仕事・楽しめる仕事で社会や会社に評価されること」を望んでいるのです。
     
    30代美容情報
    若くて綺麗な20代女性を見ると、「あの頃に戻りたい」とため息をついてしまう30代ですが、でも、落ち込んでいてもあの頃には戻れません。
    30代の今だからこそできる美容方法を実践すれば、素敵な40代、50代を迎えることができるかも。
    30代女性には、体や肌にどんな変化が起こるのかをまとめてみました。
     
    【代謝が下がる】
    歳をとるほど、体の筋肉の量が減っていくため、基礎代謝量は下がっていきます。
    また、年齢だけが原因ではなく、血行が悪い、冷え性なども代謝が低くなる原因と言えます。
     
    【女性ホルモン量が下がる】
    35~37歳あたりからだんだんと減り始めるのが女性ホルモン。
    25~35歳あたりまでは、女性ホルモンが多く分泌される時期ですが、それ以降は女性ホルモンが少なくなり閉経へと向かいます。
     
    【赤外線の影響によるシワの増加】
    肌の老化を促す最大の原因は紫外線だと言われています。
    10代、20代の頃は、紫外線対策を特にしなくても平気だった肌が、30代になると、もろにダメージを受けてしまい、その結果、肌の活性酸素が増えてしまいシワが増えてしまいます。
     
    【偏った食生活による肌トラブル】
    今までとは基礎代謝量が違うのに、同じような食事をしていれば当然体重は増えてしまいます。
    30代女性は、特にストレスが原因で、食べすぎてしまう人が多いようです。
    また、逆に、無理なダイエットをして、体調を崩す女性も多いですね。
    また、極端な食生活の変化は、乾燥肌などの肌トラブルの原因にもなります。
     
    【ストレスによる活性酸素の増加】
    30代女性は、20代女性と違い、職場でも責任ある大きな仕事を任される機会も多くなり、ストレスを抱えることが多くなります。
    また、周りの友人が次々と結婚していくなか、自分の将来を不安に思い悩むことも多くなるでしょう。
    いずれは結婚して赤ちゃんを産みたいと思っている女性なら、歳を重ねるほどに焦りも出てくるのではないでしょうか。
     
    30代で気を付けたい病気
    若いつもりでいても体は正直。30代になると、心も体も異常サインを出し始めます。
    健診結果に異常所見を表すC、D判定の記号が見られるようになるのもこの年代。これまでの生活習慣のツケが出てくる年代といえます。
    意外に思われるかもしれませんが、高齢者の病気と思われがちな痛風(高尿酸血症を含む)は30代がピーク。
    この病気は生活習慣が大きく関わっておこる病気の一つです。
    また、この年代は働き盛りで責任が増す年代だからでしょうか、うつ病などの「心の病」になる人も増えます。
    心と体に変化がおき始める30代、まだまだ大丈夫と思わずに、定期的な健康診断で自分の体をチェックし、その結果を生活習慣の改善に役立て、健康を維持しましょう。
     
    【がん】
    女性は特に気をつけたいのが、「子宮頸がん」です。
    40代では8%のに対して、30代では18%と高くなっていて一番注意が必要な時期となっております。
    子宮頸がんは、性行為でヒトパピローマウイルス(HPV)に感染して発症するがんです。
    ウイルスに持続感染した場合に発症します。性行為による初感染から5年~10年程経過する30代が一番危険な年代です。
    子宮頸がん検診にを受けてみる事をおすすめします。
     
    【脳卒中】
    動脈硬化を防ぐ生活習慣を送りましょう。
    30代だからまだ大丈夫と安心は出来ません。脳卒中は生活習慣病の一つです。
    食べ過ぎ、運動不足による肥満は脳卒中を引き起こす動脈硬化を促進させる大きな要因です。
    30代は、20代に比べて肥満率は約1.2倍高くなるとも言われています。
    脳卒中を予防するためにも、これまでの生活習慣を見直して健康を維持していきましょう。
     
    【心筋梗塞】
    運動中の心臓死に注意が必要です。
    若くして心筋梗塞をおこす人は多くありませんが、ときどき運動中に急性心筋梗塞で突然死する人が出てニュースになったりします。
    運動は心臓に負荷をかけるものですから、安全面を考慮し、きちんとした準備の上で行わなければなりません。
    ウォーミングアップで十分に体を温めてから始めることはもちろんですが、冬は寒さ対策をして血圧の急上昇を抑える、夏はしっかり水分補給して血液の粘度上昇を抑える、などが心筋梗塞による突然死を防ぐうえで重要です。